文字サイズ

    「お前も共犯と言われ遺棄加担」看護師連れ去り

     静岡県藤枝市の山林で6月、浜松市の女性看護師(当時29歳)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄や逮捕監禁などの罪に問われた名古屋市天白区、無職鈴木充被告(43)の初公判が6日、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)であった。鈴木被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。

     起訴状によると、鈴木被告は、事件の指示役で自殺したとみられる男(当時39歳)と、住所不定、無職伊藤基樹被告(28)(逮捕監禁罪などで公判中)と共謀。5月26日午後6時20分頃、浜松市内の駐車場で同市浜北区、看護師内山茉由子まゆこさんを車ごと連れ去って車内に監禁し、翌27日、内山さんの遺体を藤枝市内の山林に遺棄したとされる。

     被告人質問で、鈴木被告は「男から、内山さんの知り合いに貸している金を内山さんから取り立てると聞いていた」とし、「気付いたら、後部座席で男が内山さんの首を絞めていた。お前も共犯だと言われ、自己保身のために遺棄に加担してしまった」と述べた。

    2018年12月06日 19時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP