文字サイズ

    東名あおり、別の3件でも「被告は憤慨」…検察

     神奈川県内の東名高速道路で昨年6月に起きた「あおり運転」による一家4人死傷事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた無職石橋和歩被告(26)(福岡県中間なかま市)の裁判員裁判の第4回公判が6日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)であった。合わせて起訴されている山口県内で起きた事件の強要未遂罪2件と器物損壊罪1件の審理が行われ、検察側は冒頭陳述で「3件とも東名高速の事故と同様、交通トラブルがきっかけで石橋被告が憤慨した」と述べた。

     起訴状などによると、石橋被告は昨年5月と8月、同県の道路で乗用車を運転し、それぞれ相手の車の前に割り込むなどして停車させ、車外に出ることを要求。昨年5月には、車のドアを蹴って壊したとされる。

     弁護側は初公判で器物損壊罪は認め、強要未遂罪は2件とも無罪を主張した。この日の冒頭陳述では、「停車させようとしたが、降りる要求はしていない」とした上で、昨年8月の強要未遂事件については「東名高速の事故もあったので我慢したが、クラクションを鳴らされて我慢の限界になり、停車させようとした」と説明した。

     この日は弁護側の被告人質問もあり、石橋被告は8月の事件の運転目的を問われ、東名高速の事故で壊れた自分の車を受け取るためにレンタカーを運転していたと答えた。

    2018年12月06日 21時13分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP