平成最後の一般参賀は混雑予想「時間に余裕を」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮内庁は、来年1月2日に皇居で行われる新年一般参賀の要領を発表した。平成最後の一般参賀で混雑が予想され、宮内庁は「時間に余裕を持ってきてほしい」としている。

 天皇、皇后両陛下は、午前10時10分、同11時、同11時50分、午後1時半、同2時20分をめどに5回、皇太子、秋篠宮両ご夫妻ら皇族方とともに宮殿のベランダに立たれる。

 参賀者は、午前9時半から午後2時10分までに皇居正門(二重橋)から入る。同庁は混雑に備えて会場に大型スクリーンを設置するほか、退出口に新たに大手門を加えて対応する。

52762 0 国内 2018/12/07 07:45:00 2018/12/07 07:45:00 2018/12/07 07:45:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ