文字サイズ

    米軍2機墜落、1人死亡確認…夜間訓練中に接触

     高知・室戸岬の南南東約100キロの太平洋上空で6日午前1時40分頃、在日米海兵隊のFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が飛行中に接触して海に墜落した。乗員計7人のうち2人は救助されたが、1人の死亡が確認された。もう1人は命に別条はないという。米軍や自衛隊が残る5人を捜索している。視界の悪い夜間の訓練中に機体同士が接触したとみられ、米軍が状況を調べている。

     防衛省などによると、2機は米軍岩国基地(山口県岩国市)所属。FA18には2人が、KC130には5人が搭乗し、空中給油訓練などを行うために飛行していた。

     事故の発生を受け、自衛隊は午前4時過ぎから捜索を開始。同5時45分頃、海上自衛隊のヘリがFA18の操縦士1人を救助し、意識があることを確認した。正午過ぎには海自艦が、機体から離れた操縦席に座った状態のもう1人を収容したが、その後、死亡が確認された。

    (ここまで382文字 / 残り187文字)
    2018年12月06日 23時49分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP