文字サイズ

    26歳会社員、路上で祖母に向けエアガン発射

     栃木県警今市署は6日、日光市、会社員の男(26)を暴行の疑いで現行犯逮捕した。発表によると、男は同日午前11時20分頃、自宅近くの路上で、祖母(79)に向けてエアガンでプラスチック製の弾を複数回発射し、祖母の首の後ろに弾1発を当てた疑い。祖母にけがはなかった。

     暴行を巡って、男と母親が口論になり、母親の通報で駆けつけた署員が現行犯で逮捕した。男は「祖母を驚かそうと思って発射した」と容疑を認めているという。

    2018年12月07日 14時01分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP