文字サイズ

    元劇団四季の警察官、詐欺被害防止の啓発ソング

    • 啓発ソングを作った喜多原巡査(千葉県警柏署で)
      啓発ソングを作った喜多原巡査(千葉県警柏署で)

     特殊詐欺などの被害を防ごうと、千葉県警柏署は、劇団四季の劇団員だった交通課の喜多原拓人巡査(35)が自作し、歌った啓発ソングを約2分の動画にまとめ、「ユーチューブ」で公開した。同署は「1件でも被害を減らせれば」と期待している。

     作詞、作曲、歌の3役を務めた喜多原巡査は同県船橋市出身で、大学時代に芸能の世界に興味を持ち、劇団四季のオーディションに合格した。1年間在籍し、大学に復学した後、テーマパークのショーなども経験した。

     卒業後も様々な舞台に立ったが、「ショーに来る人たちだけでなく、みんなが笑顔になれる社会にしたい」との思いから警察官を志望。6年前に警察官採用試験に合格し、今年3月から同署に勤務する。

    (ここまで305文字 / 残り405文字)
    2018年12月07日 13時05分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP