文字サイズ

    月114時間残業、「栄光」塾男性の過労死認定

     学習塾大手「栄光」(東京)で教室の責任者を務めていた男性(当時49歳)が昨年11月に死亡したのは長時間労働が原因として、渋谷労働基準監督署が労災認定したことがわかった。男性の妻が7日、記者会見で明らかにした。

     代理人弁護士によると、男性は2005年、栄光に入社。昨年5月から東京都世田谷区の個別指導教室の教室長になったが、昨年11月、急性大動脈解離による心停止で亡くなった。

     同労基署は、死亡前1か月の残業時間が114時間に上っていたとし、急性大動脈解離発症との関係性があったと判断。死亡5か月前の月の残業時間は130時間だった。労災認定は先月15日。

     教室では生徒約180人、講師約30人に対して教室長は1人で、妻は「会社が人員体制をもっと充実させていれば命を失うことはなかった」と訴えた。

     栄光は「長時間労働を抑制するため勤務体制を改善する。ご遺族におわび申し上げる」とコメントした。

    2018年12月07日 20時19分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP