両陛下の意向で計7回、一般参賀に最多15万人

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新年一般参賀に訪れ、皇居前広場で列を作る大勢の人たち(2日午後0時34分、東京都千代田区で、読売ヘリから)=佐々木紀明撮影
新年一般参賀に訪れ、皇居前広場で列を作る大勢の人たち(2日午後0時34分、東京都千代田区で、読売ヘリから)=佐々木紀明撮影

 平成最後の新年一般参賀が2日、皇居・宮殿で行われた。4月末の退位を控える天皇陛下が在位中に参賀に応えられるのは最後で、平成最多だった昨年を約2万8000人上回る約15万4800人が訪れた。

 皇居前広場には早朝から大勢の人が列を作った。天皇、皇后両陛下や皇太子、秋篠宮両ご夫妻ら皇族方が宮殿のベランダに立たれる回数は当初5回の予定だったが、午後1時50分の5回目までに宮殿の庭に入れない参賀者が続出。このため、両陛下の意向で急きょ2回増やして計7回行われた。

 天皇陛下は、「本年が少しでも多くの人にとり、良い年となるよう願っています。年頭に当たり、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と述べ、笑顔で手を振られた。

58315 0 国内 2019/01/02 19:25:00 2019/01/02 19:25:00 2019/01/02 19:25:00 平成最後の一般参賀に訪れた人たち(2日午後0時34分、東京都千代田区で、本社ヘリから)=佐々木紀明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190102-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ