文字サイズ

    2年連続で主役不在、700年以上続く若子祭

    • 無病息災を祈って矢を射る裃姿の弓取人(名張市の八幡神社で)
      無病息災を祈って矢を射る裃姿の弓取人(名張市の八幡神社で)

     三重県名張市滝之原の八幡神社で、この1年間に地域で生まれた男児(若子)の健やかな成長を祈る若子祭(県選択無形民俗文化財)が9日営まれた。少子化で若子は2年連続でおらず、かみしも姿の弓取人が矢を放ち、今年も住民らの無病息災などを祈った。

     700年以上続く伝統行事。若子がいないため、地元3地区の最年長者3人が、代わりに「返り当」として祭りに参加した。

     3地区の弓取人6人が神社前の道路から約70メートル離れた的(約1・5メートル四方)をめがけて矢を射た。運気を残しておくという意味で、的を外すのが習わしといい、住民ら約50人が見守った。

     この日は時折雪が舞い、午後2時の気温は4・4度(名張市消防本部観測)。かじかむ手で弓取人を務めた会社員、杉森康夫さん(63)は「若子がいなかったのは寂しかったが、地域の発展を祈って気持ちよく弓を引けた」と元気よく話した。

    2019年01月11日 06時15分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP