2年連続で主役不在、700年以上続く若子祭

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

無病息災を祈って矢を射る裃姿の弓取人(名張市の八幡神社で)
無病息災を祈って矢を射る裃姿の弓取人(名張市の八幡神社で)

 三重県名張市滝之原の八幡神社で、この1年間に地域で生まれた男児(若子)の健やかな成長を祈る若子祭(県選択無形民俗文化財)が9日営まれた。少子化で若子は2年連続でおらず、かみしも姿の弓取人が矢を放ち、今年も住民らの無病息災などを祈った。

 700年以上続く伝統行事。若子がいないため、地元3地区の最年長者3人が、代わりに「返り当」として祭りに参加した。

 3地区の弓取人6人が神社前の道路から約70メートル離れた的(約1・5メートル四方)をめがけて矢を射た。運気を残しておくという意味で、的を外すのが習わしといい、住民ら約50人が見守った。

 この日は時折雪が舞い、午後2時の気温は4・4度(名張市消防本部観測)。かじかむ手で弓取人を務めた会社員、杉森康夫さん(63)は「若子がいなかったのは寂しかったが、地域の発展を祈って気持ちよく弓を引けた」と元気よく話した。

9853 0 国内 2019/01/11 06:15:00 2019/01/21 12:04:04 2019/01/21 12:04:04 無病息災を祈って矢を射る裃姿の弓取人(名張市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190110-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ