死亡の女性麻酔科医、医療用麻薬を自分に注射

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 仙台中央署は10日、仙台市青葉区のイムス明理会仙台総合病院内で昨年1月に遺体で見つかった女性麻酔科医(当時47歳)を、麻薬取締法違反の疑いで容疑者死亡のまま仙台地検に書類送検した。

 発表によると、麻酔科医は昨年1月5日、同病院内で医療用麻薬「フェンタニル」を、治療目的外で自分に注射した疑い。同日、女子更衣室で倒れているのを発見され、死亡が確認された。遺体近くには使用済みのフェンタニルの容器と注射器があり、腕に注射痕が残っていたという。司法解剖の結果、遺体からはフェンタニルの他に2種類の向精神薬の成分が検出された。

9926 0 国内 2019/01/11 10:20:00 2019/01/21 12:04:11 2019/01/21 12:04:11

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ