覆面3人が強盗、高齢夫婦縛る…被害数千万円か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 11日午前2時半頃、東京都渋谷区初台の民家に覆面姿の男3人が押し入り、この家に住む男性(93)と80歳代の妻の体を縛った上、現金や宝石を奪って逃げた。男性は、男らに顔を殴られ軽傷。奪われた現金は数千万円に上るとみられ、警視庁代々木署が強盗傷害事件として捜査している。

 夫婦宅には9日、息子を装って、家にある現金の額を聞き出そうとする電話があり、代々木署が事件との関連を調べている。

 現場は、京王線初台駅の南東約300メートルの民家や商店が立つ一角。

無断転載禁止
10081 0 国内 2019/01/11 12:30:00 2019/01/21 12:03:41 2019/01/21 12:03:41

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ