陸連U20コーチ、セクハラか…女子生徒が訴え

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮崎県立高校の陸上部に所属する女子生徒が、「顧問の男性教諭からセクハラを受けた」と訴え、県教委が事実関係を調べていることが分かった。

 県教委や同校によると、昨年8月末、女子生徒から同校に相談があった。体を触られるなどの被害を訴えたという。

 顧問は昨年12月下旬から、部の指導や授業を自粛。同校は部員や保護者向けの説明会を開いた。県教委は「事実関係を慎重に調べている」としている。

 日本陸連によると、顧問は陸連のU20(20歳未満)コーチを務めている。昨年12月下旬からコーチの活動も自粛しているという。

16258 0 国内 2019/01/11 14:59:00 2019/01/21 12:03:37 2019/01/21 12:03:37

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ