揺さぶりで意識不明と「推認できず」父親に無罪

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 生後3か月だった長男を強く揺さぶって意識不明にしたとして、傷害罪などに問われた父親の建設作業員の被告(29)の判決で、大阪地裁は11日、傷害罪について無罪を言い渡した。渡部市郎裁判長は「意識障害などが揺さぶりで起きたとは推認できない」と述べた。

 被告は2015年3月、大阪市住吉区の自宅マンションで長男を強く揺さぶり、大けがを負わせたなどとして、16年11月に起訴された。

 公判で、検察側は、長男には「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」の症状の急性硬膜下血腫などがあり、「意識障害は揺さぶり行為が原因」として、懲役5年を求刑。弁護側は暴行を否定し、無罪を主張していた。

 渡部裁判長は判決で、脳内の出血がSBSでみられる量より少ないことなどから、SBSでなかった可能性に言及。「意識障害は、体調不良など何らかの原因で呼吸が止まって生じた可能性がある」とした。

 SBSは確実に診断するのが容易でないとされ、虐待事件などの公判で被告側が「揺さぶっていない」と争うケースが相次いでいる。

18836 0 国内 2019/01/11 17:21:00 2019/01/21 12:03:40 2019/01/21 12:03:40

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ