「かつての教材」人骨標本?県立4校で発見

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 石川県教育委員会は11日、県立高校3校と県立盲学校1校の計4校で人骨とみられる標本が見つかったことを明らかにした。

 県教委によると、人骨とみられる頭蓋骨や全身の骨格標本が見つかったのは、金沢二水高、金沢桜丘高、金沢泉丘高、盲学校の4校。金沢二水高から10日、「人骨とみられる標本がある」との連絡を受け、県教委が11日に県立校(高校、中学校、特別支援学校)全53校を調査した。

 4校が人骨を入手した経緯は不明という。県教委は今後、県警による鑑定も含めて、対応を検討している。

 頭蓋骨一つと全身標本1体が見つかった金沢泉丘高では、ガラスに入った標本が校内の倉庫にあった。近年、使った形跡はないという。正村泉一副校長は「非常に古くからあるもので入手経緯は分からないが、かつて教材として使っていたもの。当時流通していたのであれば、人骨の標本があっても不思議ではない」と話した。

19098 0 国内 2019/01/12 10:02:00 2019/01/21 12:09:27 2019/01/21 12:09:27

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ