文字サイズ

    迫撃砲誤射の陸自演習場、実弾射撃訓練を再開へ

     滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野あいばの演習場で迫撃砲の射撃訓練中に起きた事故で、陸自は11日、同演習場で中止していた実弾射撃訓練を21日に再開すると発表した。事故後、全国で中止していた81ミリ迫撃砲の訓練も順次再開する。

     事故は昨年11月14日に発生。迫撃砲のりゅう弾が敷地境界付近に落ちて破片が飛び散り、国道脇に止まっていた乗用車が破損した。

     同演習場での訓練再開については、防衛省側の要請を受け、高島市の福井正明市長が昨年末、再開を容認する意向を示していた。

    2019年01月11日 23時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP