迫撃砲誤射の陸自演習場、実弾射撃訓練を再開へ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野あいばの演習場で迫撃砲の射撃訓練中に起きた事故で、陸自は11日、同演習場で中止していた実弾射撃訓練を21日に再開すると発表した。事故後、全国で中止していた81ミリ迫撃砲の訓練も順次再開する。

 事故は昨年11月14日に発生。迫撃砲のりゅう弾が敷地境界付近に落ちて破片が飛び散り、国道脇に止まっていた乗用車が破損した。

 同演習場での訓練再開については、防衛省側の要請を受け、高島市の福井正明市長が昨年末、再開を容認する意向を示していた。

19048 0 国内 2019/01/11 23:00:00 2019/01/21 12:03:42 2019/01/21 12:03:42

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ