公用車で喫煙、吸い殻を路上にポイ…市民目撃

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府泉佐野市は11日、勤務時間中に喫煙し、吸い殻を路上に捨てたとして、市上下水道局の男性主幹(51)を戒告の懲戒処分とした。

 発表によると、主幹は昨年12月21日午前、泉佐野市内で公用車を仕事で運転中に車内でたばこを吸い、吸い殻を路上に捨てた。市民が目撃し、市に連絡があった。市は職員の勤務時間中の喫煙を禁止。公用車も全て禁煙で、灰皿も外されているという。市内でのポイ捨ては市環境美化推進条例で禁じている。

19143 0 国内 2019/01/12 12:09:00 2019/01/21 12:09:16 2019/01/21 12:09:16

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ