「三十槌の氷柱」が見頃、ライトアップ始まる

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ライトアップされ、幻想的に浮かび上がる三十槌の氷柱(12日午後6時2分、埼玉県秩父市で)=上甲鉄撮影
ライトアップされ、幻想的に浮かび上がる三十槌の氷柱(12日午後6時2分、埼玉県秩父市で)=上甲鉄撮影

 岩肌からしみ出た清水が寒さで結氷する埼玉県秩父市大滝の「三十槌みそつち氷柱つらら」が見頃を迎え、12日夜、ライトアップが始まった。2月11日まで。

 秩父観光協会大滝支部によると、天然エリアの氷柱群は、高さ約10メートル、幅約30メートル。川からの水を岩肌に流して作る人工エリアの氷柱群は高さ25メートル、幅55メートルで見上げる大きさだ。

 観光客らは青や紫色の光で映し出された幻想的な氷の世界を楽しんでいた。点灯時間は平日午後5~7時、土日祝日午後5~9時。氷柱は2月17日まで見学できる。

19414 0 国内 2019/01/13 09:04:00 2019/01/21 12:14:47 2019/01/21 12:14:47 ライトアップされて暗闇に浮かび上がる三十槌の氷柱***天然エリアです。最適化外して送信しています。(12日午後6時2分、埼玉県秩父市で)=上甲鉄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190112-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ニュースランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ