文字サイズ

    女性宅、戻ったら様子が変…侵入の市職員逮捕

    • 市職員の逮捕について謝罪する横戸市長(左から2人目)ら(12日、上山市役所で)
      市職員の逮捕について謝罪する横戸市長(左から2人目)ら(12日、上山市役所で)

     山形県警上山署は12日、山形市南館西、上山市健康推進課保健師の男(29)を住居侵入容疑で逮捕した。

     発表によると、男は8日午前7時50分頃から午後5時半頃の間、正当な理由がないのに、村山地方に住む20歳代の知人女性の自宅アパートに侵入した疑い。女性は不在だったが、帰宅後に部屋の様子がおかしいことに気づいて届け出た。

     調べに対し、男は「合鍵を使って侵入した」などと供述しているという。

     男の逮捕を受け、上山市は12日、緊急の記者会見を開いた。横戸長兵衛市長は「二度とこのような不祥事がないように厳しく指導するとともに、誠実に仕事に取り組み、信頼回復に努める。申し訳ございませんでした」と謝罪した。

     市によると、男は特定健診に関する業務や、住民宅を訪問して行う健康相談などを担当。8日は午前8時半から市役所内で勤務し、午後5時半頃に退庁したが、その間ずっと庁内にいたかは確認できていないという。

     市は今後、男へ聞き取り調査を行って事実関係を確認し、処分を決定する。

    2019年01月13日 12時07分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP