女性宅、戻ったら様子が変…侵入の市職員逮捕

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

市職員の逮捕について謝罪する横戸市長(左から2人目)ら(12日、上山市役所で)
市職員の逮捕について謝罪する横戸市長(左から2人目)ら(12日、上山市役所で)

 山形県警上山署は12日、山形市南館西、上山市健康推進課保健師の男(29)を住居侵入容疑で逮捕した。

 発表によると、男は8日午前7時50分頃から午後5時半頃の間、正当な理由がないのに、村山地方に住む20歳代の知人女性の自宅アパートに侵入した疑い。女性は不在だったが、帰宅後に部屋の様子がおかしいことに気づいて届け出た。

 調べに対し、男は「合鍵を使って侵入した」などと供述しているという。

 男の逮捕を受け、上山市は12日、緊急の記者会見を開いた。横戸長兵衛市長は「二度とこのような不祥事がないように厳しく指導するとともに、誠実に仕事に取り組み、信頼回復に努める。申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 市によると、男は特定健診に関する業務や、住民宅を訪問して行う健康相談などを担当。8日は午前8時半から市役所内で勤務し、午後5時半頃に退庁したが、その間ずっと庁内にいたかは確認できていないという。

 市は今後、男へ聞き取り調査を行って事実関係を確認し、処分を決定する。

19458 0 国内 2019/01/13 12:07:00 2019/01/21 12:14:45 2019/01/21 12:14:45 謝罪する横戸市長(左から2人目)ら市職員幹部(1月12日午前11時1分、上山市河崎の上山市役所で)=松本彩和撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190113-OYT1I50007-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ