木造船漂流、男性2人保護「北朝鮮から来た」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

青森県深浦沖を漂流する木造船。乗組員の姿が見える(13日午前11時31分、第2管区海上保安本部提供)
青森県深浦沖を漂流する木造船。乗組員の姿が見える(13日午前11時31分、第2管区海上保安本部提供)

 13日午前7時20分頃、青森県深浦町にある深浦港の西1・5キロ沖で、木造船が漂流しているのを漁師が見つけ、地元漁協を通じて青森海上保安部に通報した。男性2人が乗っており、保護された。船首部には判読不能ながらハングルが書かれ、2人は「北朝鮮から来た。帰りたい」「エンジンが故障し、漂流していた」などと話しているという。

 同海保によると、2人は昨年12月中旬に北朝鮮を出港し、沿岸で漁をしていたと説明。出港時は5人いたが、荒天で船が揺れ、3人が海に落ちて行方不明になったとも話しているという。船内に食料はほとんどなく、2人の身分証や国籍を示すものも見つかっていない。

 日本海沿岸では、北朝鮮からとみられる木造船の漂流、漂着が相次ぎ、2017年には秋田県由利本荘市に8人が乗った漁船が漂着。今月8日には、島根県隠岐の島町に木造船が漂着し、4人が保護されている。

19459 0 国内 2019/01/13 23:40:00 2019/01/21 12:14:15 2019/01/21 12:14:15 深浦沖を漂流する北朝鮮籍とみられる木造船。乗組員の姿が見える(第二管区海上保安本部提供)(13日午前11時31分) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190113-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ