「はれのひ」被害者も門出、業者支援で振り袖で

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 横浜市の成人式が14日、横浜アリーナで開かれた。昨年は式直前に突然、着物販売・レンタル「はれのひ」(横浜市中区、破産)が営業を停止し、晴れ着を着られない出席者が続出。当時から契約済みだった今年の新成人は周囲の支援を受けて門出を迎えた。

 約30万円でレンタル契約を同社と結んでいた横浜市南区の大学1年鉄井菜々子さん(20)は「スーツで出席することも考えた」と1年前を振り返る。支援に乗り出した呉服業者から無料で振り袖を借りることができ、「母の喜ぶ顔を見ることができた」と笑顔を見せた。

 神奈川県横須賀市の大学2年太田すみれさん(20)、茜さん(20)の双子姉妹も別の業者から無料レンタルと着付けの支援を受けた。茜さんは「本当にありがたい」。菫さんは「私も困っている人を支えられる大人になりたい」と誓いを立てた。

19835 0 国内 2019/01/14 22:21:00 2019/01/21 12:17:53 2019/01/21 12:17:53

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ