79歳「茶でむせた」歩道に車突っ込み7人負傷

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 16日午後1時35分頃、東京都渋谷区千駄ヶ谷の都道(明治通り)で、横浜市の男性(79)が運転する乗用車が歩道に突っ込み、通行人の20~80歳代の男女5人をはねた。この事故で、運転していた男性と妻(76)を含む計7人が負傷し、病院に搬送された。男性がブレーキとアクセルを踏み間違えたとみられ、警視庁原宿署は回復を待って、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で事情を聞く方針。

 原宿署の発表によると、車は明治通りを原宿方面に走行中に、中央線を越えて対向車線の歩道に突っ込んだ。ガードレールをなぎ倒して歩道を約30メートル暴走し、街路樹に衝突して停止したという。はねられた5人のうち、20歳代と50歳代の女性と、80歳代の男性の3人が足の骨を折るなどして重傷で、2人は軽傷。運転していた男性も腰の骨を折った。

 男性は妻と埼玉県で葬式に出て、帰宅途中だった。調べに対し、「ペットボトルのお茶を飲んだらむせて、吐き出した。驚いてブレーキかアクセルを踏んだが、その後の記憶はない」と話しているという。原宿署は、男性がむせた際に、誤ってアクセルを踏み込んだとみている。

 現場は、JR新宿駅南口にある「新宿高島屋」の近く。事故当時は多くの買い物客らがおり、周囲は騒然となった。

 複数の目撃者によると、事故直後、運転していた男性が車から降り、ぼうぜんと立ちつくしていたという。現場前のコンビニ店の男性アルバイト店員(20)は「頭から血を流して倒れ、動けない様子の人もいた」と話した。

32485 0 国内 2019/01/16 18:44:00 2019/01/25 11:00:02

ニュースランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ