米の心臓ペースメーカー3製品、誤作動の恐れ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は18日、医療機器会社「日本メドトロニック」(港区)が米国の製造元から輸入販売した心臓ペースメーカー3製品について、誤作動を起こす恐れがあると発表した。死亡事例など重大な健康被害の報告はないという。

 都によると、2017年7月~19年1月に出荷された「Adapta DR」「Adapta VDD」「Versa DR」の計1158台。ICチップの不具合で停止する恐れがあり、海外で4件の不具合があった。同社は納入した526の医療機関を通じて患者に連絡。プログラムの修正や機器自体の交換が必要になるという。

56954 0 国内 2019/01/18 22:14:00 2019/01/21 12:38:20 2019/01/21 12:38:20

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ