江戸川区の駅前に「都内3大タワー」展望室無料

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

船のマストに見立ててつくられた船堀タワー。高さ115メートルは30階建てのビルに相当する
船のマストに見立ててつくられた船堀タワー。高さ115メートルは30階建てのビルに相当する
展望室から見下ろすと、船首のような形になっているのがわかる
展望室から見下ろすと、船首のような形になっているのがわかる

 ずっと気になっていた。取材で訪れた東京都江戸川区で見かける船堀タワー。最寄り駅を降りると、どーんと目に飛び込んでくる。東京スカイツリー、東京タワーと並んで「都内3大タワー」の一つに数えられることもあるらしいが、なぜこんなところにタワーが?

 都営新宿線・船堀駅のすぐ北側。大きな建物から伸びているのが船堀タワー(115メートル)だ。無料で上れる高さ103メートルの展望室へ。スカイツリーのほぼ全身が見え、富士山もはっきりとわかった。

 都内で最も高いタワーは634メートルのスカイツリーで、次は333メートルの東京タワー。西東京市には、195メートルのスカイタワー西東京がある。

 しかし、高さで劣る船堀タワーが「3大タワーの一つ」「第3のタワー」ともされるのは、スカイタワー西東京には一般の人が上れないかららしい。眺望が楽しめるかどうかは重要なのだ。

     ◇

 スカイツリーと東京タワーは電波塔として建設された。スカイタワー西東京は、様々なアンテナが設置されている鉄塔だ。それなら、船堀タワーにはどんな役割があるのだろう。

 「江戸川区全体を展望できる施設を作りたいと思ったわけですよ」

 こう説明してくれたのは、多田正見区長(83)。実は、船堀タワーとその下の建物の名称は「江戸川区総合区民ホール」(愛称・タワーホール船堀)。多田さんは、区が1980年代後半から区民ホール建設に向けて検討していた時期に、開設準備室長を務めていた。

 構想段階で「区民の誇りとなるシンボル的な施設にしよう」との声が上がり、建設地の船堀が区のほぼ中央にあることもあって、多田さんの言うような展望施設に行き着いた。

 募ったデザイン案から選ばれたのは、建物全体を船に、タワーを船のマストに見立てたもの。「区民の乗合船」がコンセプトだった。

 「船堀」は、船が出入りする堀があったことが名前の由来とされる。加えて、河川と海に囲まれ、水との関わりが深い江戸川区ならではのアイデアだ。

 船堀タワーのてっぺんには、防災カメラが2台据えられた。災害時には、どこで被害が出ているのかを区の担当課が瞬時に確認する。区全体を展望できるからこそ、それも可能になる。

     ◇

 タワーホール船堀が開業したのは、20年前の1999年3月16日。ホールはもちろん、結婚式場やレストラン、映画館まであり、年間200万人ほどが訪れるという。

 結婚式場は1年におよそ100組のカップルが利用している。江戸川区を離れたことがない女性会社員(27)もその一人。

 式場をここに決めると、両親とは「小学生の時に描いた絵が飾られたね」「タワーもみんなで上ったね」と懐かしがった。結婚式に招待した地元の友人たちとも「昔、映画を見に来たよね」と盛り上がった。

 「思い出が詰まったここで式を挙げて本当に良かった」と女性会社員。「子どもが生まれたら、一緒にタワーに上りたい」という。

     ◇

 「展望室からの夜景は特におすすめです」とタワーホール船堀の岡野純也館長(51)は自信を見せる。

 夜にはスカイツリーと東京タワーがライトアップされた姿が見え、首都高を走る車のテールランプの連なりも彩りを添えるという。「東京ディズニーランドや葛西臨海公園の観覧車、東京ゲートブリッジも見えるんですよ」と岡野さん。

 江戸川の人たちに独占させておくのはもったいない。取材に行ったのは昼だったので、今度は夜、光り輝く東京を眺めに行こう。(林理恵)

58110 0 国内 2019/01/21 10:05:00 2019/01/22 10:24:06 2019/01/22 10:24:06 115メートルの高さを誇る船堀タワー。30階建てのビルに相当する高さだ。(1月8日、江戸川区船堀で)=林理恵撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190121-OYT1I50008-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ