ホルマリン漬け「人の脳」標本、高校の理科室に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 佐賀県内の県立3高校の理科室に、人の脳と頭蓋骨の標本計3点が保管されていたことが同県教委への取材でわかった。

 県教委によると、脳の標本があったのは三養基みやき高(みやき町)で、ホルマリン漬けで室内の棚に陳列されていた。生徒の目に触れる状態だったが、近年は授業で使われたことはないという。頭蓋骨が見つかったのは、佐賀西高(佐賀市)と神埼清明高(神埼市)。模型と誤認されたまま、授業で使われたこともあった。今月中旬に県警が鑑定した結果、3点とも人のものと判明した。

 県外で本物の人骨標本の発見が相次いだため、県教委が昨年12月に県立高に調査を依頼。この3校から「人のものかもしれない」との申し出があった。いつからどのような経緯で保管されていたかは不明という。

 県教委の担当者は「今後、教材としては使わず、適切に対処したい」としている。

無断転載禁止
171976 0 国内 2019/01/23 12:28:00 2019/01/24 10:35:20 2019/01/24 10:35:20

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ