日本に「好感」、韓国で急落…最大の下落幅

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 公益財団法人「新聞通信調査会」は8日、米英仏中韓とタイの計6か国で行った対日好感度の世論調査を公表した。慰安婦問題や徴用工問題で日本と関係が悪化した韓国では、日本に「好感が持てる」とした人は、「とても」と「やや」を合わせて32・0%で、6か国中最低だった。

 韓国での好感度は約1年前に比べ6・3ポイント下落し、調査が始まった2014年度以降で最大の下落幅となった。調査期間は昨年11月23日~12月3日だったため、12月20日に起きた韓国海軍による自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題の影響は反映されていない。

 日本の好感度が最も高かったのはタイの96・5%で、米国85・7%、フランス79・1%、英国62・0%と続き、中国は33・9%だった。

437242 1 国内 2019/02/09 07:26:00 2019/02/09 07:29:11 2019/02/09 07:29:11

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ