「ダブルダイヤモンド筑波」も登場、シャッター音響く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

(動画はこちら
筑波山の山頂付近から昇る太陽が、手前の母子島(はこじま)遊水地の水面にも映った「ダブルダイヤモンド筑波」。多くの写真愛好家たちが集まった(14日午前6時57分、茨城県筑西市で)=鈴木毅彦撮影
筑波山の山頂付近から昇る太陽が、手前の母子島(はこじま)遊水地の水面にも映った「ダブルダイヤモンド筑波」。多くの写真愛好家たちが集まった(14日午前6時57分、茨城県筑西市で)=鈴木毅彦撮影

 茨城県筑西市で、筑波山の山頂から太陽がまばゆい光彩を放つ「ダイヤモンド筑波」が14日午前7時前に見られ、陽光が放射状に広がると観光客ら650人から歓声が上がり、シャッター音が一斉に響いた。

 「インスタ映えする」と評判の母子島はこじま遊水地では毎年10月下旬と2月中旬に見られ、この日は穏やかな水面みなもに山頂が映る「ダブルダイヤモンド筑波」も撮影できた。筑波山の風景写真を20年以上撮り続けている同市の会社員(54)は「今年は快晴で、いいダイヤモンド筑波だった」と笑顔で話した。

無断転載禁止
443423 0 国内 2019/02/14 10:58:00 2019/02/14 13:35:07 2019/02/14 13:35:07 多くの人たちがカメラを向ける中、筑波山の山頂付近から太陽が昇る「ダイヤモンド筑波」(14日午前6時57分、茨城県筑西市で)=鈴木毅彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190214-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ