一足お先、春ほころぶ…偕楽園で梅まつり始まる

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

水戸の梅まつり始まるの動画はこちら
咲き始めた偕楽園の梅(16日午後1時56分、水戸市で)=大原一郎撮影
咲き始めた偕楽園の梅(16日午後1時56分、水戸市で)=大原一郎撮影

 日本三名園の一つ、水戸市の偕楽園で16日、123回目の「水戸の梅まつり」が始まった。「八重寒紅やえかんこう」など早咲き品種が開花し、訪れた人は一足早い春の訪れを満喫した。

 最高気温13・1度と3月下旬並みの暖かさとなり、観光客や家族連れらは広い園内をのんびりと歩き回ったり、撮影を楽しんだりしていた。市内から家族で訪れた会社員の男性(37)は、はしゃぎ疲れて寝てしまった次女(1)を抱きかかえながら、「花の数はまだ少ないが香りはいい」と笑顔を見せた。

 園内約100種3000本の開花率は15日現在で15・46%と例年並み。梅まつりは3月31日まで。

446853 0 国内 2019/02/16 19:23:00 2019/02/16 20:02:48 2019/02/16 20:02:48 咲き始めた偕楽園の梅(16日午後1時56分、茨城県水戸市で)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190216-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ