2段重ねの鏡餅、台ごと持ち上げ時間競う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

巨大な鏡餅を抱え上げる女性(伏見区で)=金沢修撮影
巨大な鏡餅を抱え上げる女性(伏見区で)=金沢修撮影

 京都市伏見区の世界遺産・醍醐寺で23日、巨大な鏡餅を抱え上げた時間を競う「餅上げ力奉納」が行われ、19~58歳の男女57人が挑戦した。

 不動明王など「五大明王」に力を奉納して無病息災を願う伝統行事で、男性は150キロ、女性は90キロの2段重ねの餅を台ごと抱える。歯をくいしばりながら重さに耐える参加者の姿に、「頑張れ」と声援が飛んだ。

 女性の部では、兵庫県姫路市の市立広畑小学校教頭田中彰子さん(54)が8分3秒で優勝した。4回目の参加という田中さんは「子供たちに『頑張ったよ』と伝えたい」と笑顔を見せた。

 男性の部では、初出場の京都市左京区、会社員伊関寛英さん(28)が7分59秒で優勝した。

無断転載禁止
458504 0 国内 2019/02/23 21:27:00 2019/02/23 21:27:00 2019/02/23 21:27:00 「餅上げ力奉納」で巨大な鏡餅を抱え上げる参加者(23日午後0時10分、京都市伏見区で)=金沢修撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190223-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ