ワンセグ「NHK受信料は義務」、最高裁判断で確定

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所有者がNHKと受信料契約を結ぶ義務があるかが争われた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は12日付で契約義務を認めた2審判決を支持する決定を出した。ワンセグ携帯の所有者に受信料契約を義務付ける判断が最高裁で確定するのは初めて。

 2審・東京高裁判決によると、原告は自宅にテレビを置かず、ワンセグを持っている埼玉県朝霞市の男性。放送法は、放送の受信設備の設置者に契約を義務付ける一方、設置の目的が放送の受信でなければ義務を負わない場合があると規定しており、男性は「ワンセグの携帯は『設置』には当たらず、視聴するためでもない」として、契約義務がないと主張していた。

 1審・さいたま地裁判決は男性の主張を認めたが、2審は「放送法の『設置』には『携帯』も含まれる」と指摘。「一般的にワンセグを携帯する目的には視聴も含まれる」として契約義務はあると結論付けた。

487408 0 国内 2019/03/13 19:24:00 2019/03/13 20:31:43 2019/03/13 20:31:43

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ