裸の女児の両手両足縛り水風呂…母が動画撮影か

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡県筑紫野市で、小学2年の長女(8)の両手を縛り水風呂に入れてけがを負わせたとして、母親と内縁の夫が傷害容疑で逮捕された事件で、逮捕容疑とは別の日に、両手両足を縛られた長女を無理やり水風呂に入れる様子を撮影した動画が見つかっていたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は虐待が日常的に行われていたとみて調べている。

 捜査関係者によると、母親の内縁の夫で自営業八尋潤容疑者が昨年末頃、裸で縛られた状態の長女を無理やり水風呂に入れる様子が記録された動画が、押収したスマートフォンから見つかった。県警は母親が撮影したとみている。

 母親と内縁の夫は1月下旬に自宅で、長女の両手首を縛り、無理やり水風呂に入れてけがを負わせたとして傷害容疑で2月21日に逮捕された。母親はこれまでの調べに、「悪いことをしたら水風呂に入れていた。しつけだった」と供述。2人は「しつけ」と称する虐待の状況を撮影するなどして、無料通話アプリ「LINE(ライン)」で報告し合っていたという。

488308 0 国内 2019/03/14 05:00:00 2019/03/14 07:33:44 2019/03/14 07:33:44

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ