仮想通貨流出、18歳少年ハッカーを初の摘発

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 仮想通貨「モナコイン」の保管先をサイバー攻撃し、約1500万円相当を不正に引き出したとして、警視庁は14日、栃木県の学校に通う宇都宮市の少年(18)を電子計算機使用詐欺と組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の容疑で東京地検に書類送検した。

 仮想通貨を巡っては、ビットコインや「NEMネム」など流出事件が相次いだが、ハッカーが摘発されるのは初めて。セキュリティーの甘さが再び露呈した。

 発表によると、少年は昨年8月14日~9月2日、東京都内の会社が運営するモナコインの保管サイトにサイバー攻撃を仕掛けて誤作動させ、計1500万円相当を不正に引き出した疑い。また、引き出したモナコインを、自ら開設した仮想通貨の匿名口座に送金して隠した疑い。

 保管サイトは当時、短時間に送金操作を繰り返されると誤作動を起こす欠陥があった。少年は自分のパソコンやスマートフォンを使い、操作ボタンのクリックやタップを手動で計8254回繰り返し、この欠陥を攻撃。インターネットに接続された「ホットウォレット」で管理していた顧客約7700人分のモナコインが流出したという。

 調べに対し、少年は容疑を認め、「サイトの脆弱ぜいじゃく性に気づき、裏ワザを見つけた気分になった。ゲームを攻略するつもりで、モナコインを全部取ってやろうと思った」と供述しているという。

 モナコインは日本で作られた仮想通貨。流出が起きた後の昨年9月、保管サイトのサービスは停止したが、モナコインの流通は続いている。

489095 1 国内 2019/03/14 16:25:00 2019/03/15 05:08:23 2019/03/15 05:08:23

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ