特養と老健で事故、1547人死亡…厚労省調査

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国の特別養護老人ホーム(特養)と介護老人保健施設(老健)で、転倒などの事故で死亡した入所者が、2017年度の1年間に少なくとも1547人(速報値)に上ることが、厚生労働省が初めて実施した調査で分かった。

 介護施設で事故が起きた場合、施設側は市区町村に報告するよう介護保険法などで義務付けられているが、自治体から国への報告義務はない。厚労省は実態を把握するため、全国1741市区町村や施設に対して実態調査を行った。市区町村の有効回答は1173自治体だった。

 調査結果によると、特養では772施設で1117人が死亡し、老健では275施設で430人の死亡事故が起きていた。

 事故の内容は転倒や誤嚥ごえん、薬の誤飲などが含まれているとみられるが、どのような事故について報告を求めるかは自治体によって異なり、報告範囲を定めていない自治体も41・6%あった。

 また、介護事故の報告件数について、46・7%の市区町村は「集計や分析を行っていない」と回答した。集計していた市区町村でも「要因や傾向の分析を行っている」としたのは7・8%にとどまった。

 厚労省によると、特養は、全国に約1万施設あり、約60万人が入所。老健は約4300施設で、36万人が入所している。

489500 1 国内 2019/03/14 21:41:00 2019/03/14 21:41:00 2019/03/14 21:41:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ