「誰にも言ってはいけない」…8歳長女口止め

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 小学2年の長女(8)の両手足を縛り、水風呂に入れ意識を失うまで放置したとして、福岡県警は同県筑紫野市の母親(29)と内縁の夫で自営業八尋潤容疑者(29)を殺人未遂容疑で再逮捕した。2人は別の日にも長女を水風呂に入れたとして逮捕されていた。捜査関係者によると、2人は長女に「しつけ」と称して日常的に虐待を繰り返した疑いがあり、「誰にも言ってはいけない」と口止めしていたという。

 発表では、2人は昨年12月29日朝、同市の自宅で、裸の長女の両足と、両手を縛り、水風呂に入れて放置した疑い。2人は容疑を認め、八尋容疑者は「たたくとあざが残るので、水風呂に入れた」と供述しているという。

 水温は11度ほど、浴槽の深さは45センチで、県警は、溺死や凍死する危険性が高いと認識することができたと判断し、殺人未遂容疑を適用した。

 捜査関係者によると、昨年11、12月頃、長女は「せいやくしょ」として、「いわれたことはいちどできく」など10項目の約束事を書かされ、守れないと水風呂に入れられた。

 2人はこうした行為を「しつけ」と称し、他言しないよう口止め。市教育委員会によると、学校側が1月にあざに気付いた際、長女は2人の関与を否定し、定期的に実施するアンケートでも虐待を訴えず、何かを隠しているような様子だったという。

 2人は2月21日に傷害容疑で逮捕されたが、福岡地検は14日、母親を暴行罪で、八尋容疑者を傷害と暴行罪で福岡地裁に起訴した。長女は現在、児童相談所に保護されている。

489975 1 国内 2019/03/15 05:00:00 2019/03/15 11:45:30 2019/03/15 11:45:30

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ