伊方3号機差し止め、申し立て却下…地裁支部

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを山口県の住民3人が求めた仮処分の申し立てについて、山口地裁岩国支部は15日、却下した。小野瀬昭裁判長は、四電の調査や運転を認めた原子力規制委員会の判断に「不合理な点はない」とした。住民側は広島高裁に即時抗告する方針。

 四電は耐震設計に当たり、原発の沖合約8キロにある「中央構造線断層帯」を震源とする地震を想定したが、住民側は沖合約600メートルに活断層が存在する可能性があると主張。小野瀬裁判長は「四電の調査は十分で、(原発の)沿岸部に活断層は存在しない」と退けた。

 原発から約130キロ離れた阿蘇山(熊本県)での巨大噴火の可能性やその影響も争点となったが、小野瀬裁判長は「運転期間中に巨大噴火が発生する可能性は十分に小さい」とした。

 四電は「主張が認められ、妥当な決定」とコメント。住民側代理人の河合弘之弁護士は「極めて不当な決定だ」と批判した。

 3号機を巡っては、広島高裁が2017年12月に運転差し止めを命じ、18年9月に同高裁の保全異議審で取り消された。これを受け、同年10月に再稼働した。

490290 0 国内 2019/03/15 20:51:00 2019/03/16 00:20:44 2019/03/16 00:20:44

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ