「ヨイサ」のかけ声、山車4台が急坂駆け上がる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「坂上げ」で乙川八幡社参道の坂を駆け上がる山車(16日午前、愛知県半田市で)
「坂上げ」で乙川八幡社参道の坂を駆け上がる山車(16日午前、愛知県半田市で)

 知多半島に春の訪れを告げる「乙川おっかわ祭り」が16日、愛知県半田市の乙川地区で始まった。

 最大の見せ場は、乙川八幡社前の急坂を高さ約6メートルの山車4台が次々と駆け上がる「坂上げ」。若者らが「ヨイサ、ヨイサ」のかけ声とともに、山車後部にあるかじ棒を巡って激しくもみ合うことから、別名「けんか祭り」とも呼ばれる。祭りに訪れた市内の主婦(65)は「若い人が多くて、活気がありますね」と話していた。

 17日まで。市内では5月4日までに10地区で山車祭りが行われる。

無断転載禁止
493604 0 国内 2019/03/17 17:25:00 2019/03/17 17:25:00 2019/03/17 17:25:00 「坂上げ」で乙川八幡社の坂を引き上げられる山車(16日午前10時19分、愛知県半田市で)=佐藤俊和撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190317-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ