地対艦ミサイル部隊配備、奄美大島に駐屯地開設

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 南西諸島で初めて陸上自衛隊の地対艦ミサイル部隊が配備された鹿児島・奄美大島で31日、駐屯地の開設式典が行われた。

 島内には、ミサイル部隊と警備隊計約550人を配備。式典では、駐屯地の看板の除幕や隊旗の授与が行われ、原田憲治防衛副大臣が「我が国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す中、島しょ防衛は喫緊の課題。これまで以上に厳しい訓練を積んでいくことが不可欠だ」と隊員らに訓示した。

無断転載禁止
515681 0 国内 2019/03/31 19:19:00 2019/03/31 19:19:00 2019/03/31 19:19:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ