支援学校教師の女、夫と自宅テントで大麻草栽培

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 九州厚生局沖縄麻薬取締支所は2日、沖縄県立大平特別支援学校教師の女(49)と無職の夫(49)を大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕したと発表した。那覇地検は同日、同法違反で2人を那覇地裁に起訴した。

 起訴状によると、2人は3月12日、同県浦添市の自宅マンションで大麻約750グラムを所持した、としている。

 また、同支所は2日、自宅に設置した栽培用テント内で、大麻草46株を育てたとして、同法違反(栽培)容疑でも2人を再逮捕した。

 女の弁護人は「(夫は)重度の神経症で苦しんでおり、症状改善のためだった。女は反対しており、相当の葛藤があった」とのコメントを発表した。

無断転載禁止
518851 0 国内 2019/04/02 19:00:00 2019/04/02 21:29:10 2019/04/02 21:29:10

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ