両陛下、お忍びで桜見物…笑顔で腕組み7分ほど

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

皇居の外周を散策される天皇、皇后両陛下(7日午前7時15分、東京都千代田区で)=青山謙太郎撮影
皇居の外周を散策される天皇、皇后両陛下(7日午前7時15分、東京都千代田区で)=青山謙太郎撮影
皇居の外周を散策に向かわれる天皇、皇后両陛下(7日午前7時11分、東京都千代田区で)=青山謙太郎撮影
皇居の外周を散策に向かわれる天皇、皇后両陛下(7日午前7時11分、東京都千代田区で)=青山謙太郎撮影

 天皇、皇后両陛下は7日朝、皇居周辺をお忍びで散策し、桜を楽しまれた。

 午前7時10分頃、皇居北側の北桔橋きたはねばし門から外の歩道に出られた。皇居ランナーが走る中、散り始めたシダレザクラなどを見上げ、笑顔で腕を組んで歩かれた。散策は7分ほどで、約200メートル先のいぬい門から皇居に戻る際には、通行人に何度も手を振られた。

 両陛下は毎朝、皇居内を散策しているが、外に出られるのは珍しい。犬と散歩していた近くの医師(58)は「お二人の仲むつまじい姿を見て感激しました」と話した。

525616 0 国内 2019/04/07 18:59:00 2019/04/08 01:35:27 2019/04/08 01:35:27 皇居の外周を散策される天皇皇后両陛下(7日午前7時15分、東京都千代田区で)=青山謙太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190407-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ