盗んだタイヤ4200本、被害1億円…追送検へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 札幌市や帯広市のタイヤ販売会社などでタイヤが盗まれた事件で、北海道警札幌西署は15日午後にも、札幌市内の男3人を窃盗容疑などで札幌地検に追送検し、捜査を終結する方針を固めた。被害総額は、2013年11月~19年1月に盗まれたタイヤ約4200本で計約1億円に上るという。

 捜査関係者によると、3人は、同市北区北36西3、無職福田武志(40)、同区屯田11の2、リサイクル店従業員佐藤雅俊(35)、同市手稲区曙6の2、同水野雄介(39)の3被告(常習累犯窃盗罪などで公判中)。

 同署はこれまでにタイヤ計約200本を盗んだ容疑で立件した。今回、新たに計約4000本(時価約9000万円相当)を盗んだ容疑で追送検する。3人は容疑を認めているという。

無断転載禁止
538257 0 国内 2019/04/15 15:00:00 2019/04/15 15:00:00 2019/04/15 15:00:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ