東京家裁で妻殺害容疑、米国籍の夫を再逮捕

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京家庭裁判所(東京都千代田区)で離婚調停中の女性が首を切られて殺害された事件で、警視庁は15日、夫で米国籍の会社員ジェイコブ・スティーブン・ウィルソン容疑者(32)(板橋区小豆沢)を殺人と銃刀法違反の容疑で再逮捕した。

 発表によると、ウィルソン容疑者は3月20日午後3時20分頃、東京家裁の1階玄関で、妻の香子さん(31)(埼玉県所沢市元町)の首をナイフで切りつけ、失血死させるなどした疑い。「弁護士の説明を受けてから答える」と供述している。

 事件直後に殺人未遂容疑で現行犯逮捕されたが、自ら両手首を切って重傷を負ったため、釈放されて治療を受けていた。15日に退院したところを再逮捕された。

 2人は離婚協議中で、この日は家裁の別々の部屋で調停に出席する予定だった。警視庁は、家裁に来る香子さんを待ち伏せしていたとみている。

無断転載禁止
538263 0 国内 2019/04/15 18:18:00 2019/04/15 18:18:00 2019/04/15 18:18:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ