両陛下、ノートルダム火災でお見舞いのお言葉

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 仏パリのノートルダム大聖堂で大規模火災が発生したのを受け、宮内庁は17日、天皇、皇后両陛下が仏大統領宛てにお見舞いのお言葉を出されたと発表した。

 発表によると、「貴大統領及び貴国民の深い悲しみに思いをいたしています。聖堂が再び姿をよみがえらせる確かな望みをあなたと共にしています」とのお言葉で、現地の日本大使館を通じて伝えられるという。

無断転載禁止
541717 0 国内 2019/04/17 23:34:00 2019/04/17 23:34:00 2019/04/17 23:34:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ