天皇陛下の執務写真、即位後初めて公開

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

内閣から届いた書類に押印される天皇陛下(7日、皇居・宮殿「菊の間」で)=宮内庁提供 
内閣から届いた書類に押印される天皇陛下(7日、皇居・宮殿「菊の間」で)=宮内庁提供

 宮内庁は7日、天皇の国事行為である執務に臨まれる天皇陛下の写真を、即位後、初めて公開した。皇居・宮殿「菊の間」で閣議決定の書類に目を通した後、押印し、「徳仁なるひと」と署名される姿で、同日午後に撮影された。

 同庁はまた、天皇陛下が11月に行われる皇位継承に伴う行事「大嘗祭だいじょうさい」に使う新穀の収穫地について、新潟、長野、静岡の3県を含む東日本の18都道県と、3県より西の29府県から、それぞれ1地域を選定すると発表した。今月13日の「斎田点定さいでんてんていの儀」で決定される。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
570682 0 ニュース 2019/05/07 20:47:00 2019/05/08 11:28:45 内閣から届いた書類に押印される天皇陛下(7日、皇居・宮殿「菊の間」で)=宮内庁提供   *****トリミング不可***** https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190507-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)