雪が解ける時期だけ、富士山に「まぼろしの滝」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

雪解け水が岩肌を流れ落ちる「まぼろしの滝」(小山町で)
雪解け水が岩肌を流れ落ちる「まぼろしの滝」(小山町で)

 富士山の雪が解ける時期だけ見ることができる「まぼろしの滝」が、静岡県小山町の須走口5合目近くに出現し、登山愛好家が訪れている。

 10日午後は雲の合間に富士山の山頂が見え、訪れた人が岩肌を流れる雪解け水の写真を撮ったり、水を触ったりしていた。

 富士山は、火山性の粗い土壌が広がり、雨水や雪解け水が地下にしみこむため、川や滝がないことが知られている。しかし、溶岩が露出した場所では、岩肌を流れる雪解け水を見ることができる。例年、5月中旬から6月中旬にかけて、気温が高い日の午後に出現することが多い。

 須走口5合目の駐車場から滝までは、片道20~30分のコースがある。岩場が多いので服装には注意が必要。問い合わせは町観光協会(0550・76・5000)まで。

無断転載禁止
578183 0 国内 2019/05/11 21:34:00 2019/05/11 21:34:00 2019/05/11 21:34:00 雪解け水が岩肌を流れ落ちる「まぼろしの滝」(10日午後1時55分、小山町で)=松本貴裕撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190511-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ