残雪の芸術、北アルプスに「白馬の雪形」現れる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

山肌に浮かび上がった「白馬の雪形」(高山市で)
山肌に浮かび上がった「白馬の雪形」(高山市で)
残雪で出現した馬のイメージ
残雪で出現した馬のイメージ

 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の北アルプス・笠ヶ岳(2898メートル)南西斜面に、残雪が馬のように見える「白馬の雪形」が現れている。例年、雪解けが進む5月頃に出現。地元では田植えの時期の訪れを告げるとされ、季節の風物詩となっている。

 同市上宝町蔵柱に水田がある男性(74)は、くっきりと浮かび上がった「自然の芸術」を望んで、「今年は1週間ほど早い大型連休前から見え始めた。きれいな白馬を見ながら田植えが出来そう」と話していた。

 この雪形は今月末頃まで高山市中心部などの広い範囲で見ることができる。

無断転載禁止
581664 0 国内 2019/05/14 10:12:00 2019/05/14 10:12:00 2019/05/14 10:12:00 笠ケ岳の山肌に浮かび上がった「白馬の雪形」を背に始まった田植え準備(5日、高山市上宝町蔵柱で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190512-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ