古来の「亀卜」で収穫地選定、栃木県と京都府に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

亀卜を行うため皇居・宮中三殿の前に設置された「斎舎」に向かう掌典職の職員(13日午前)=宮内庁提供
亀卜を行うため皇居・宮中三殿の前に設置された「斎舎」に向かう掌典職の職員(13日午前)=宮内庁提供

 11月に皇居で行われる伝統的な皇位継承儀式・大嘗祭だいじょうさいで使う新穀について、収穫地(斎田さいでん)の地方を決める斎田点定てんていの儀が13日、皇居・宮中三殿で行われた。亀の甲羅を焼いて占う古来の「亀卜きぼく」により、東日本の収穫地は栃木県、西日本は京都府に決まった。

 午前10時前、宮中三殿の前庭にモーニング姿の山本信一郎・宮内庁長官が入り、都道府県名入りの封筒が収められた箱を台の上に置いた。箱を受け取った掌典長ら4人は古式の衣冠姿で、前庭に設けられたテント張りの斎舎さいしゃに入り、亀卜を行った。

 亀卜は「秘儀」のため非公開で約40分間行われた。斎舎の外では山本長官ら十数人が儀式の終了を待った。

 宮内庁によると、亀卜は厚さ約1ミリに加工されたアオウミガメの甲羅を火であぶり、ひび割れの状態をみる占い。東日本は新潟、長野、静岡以東の18都道県、西日本は3県より西の29府県から選ばれ、それぞれ「悠紀ゆき地方」、「主基すき地方」と呼ばれる。

 宮内庁は占いの結果を天皇陛下に報告した。栃木県と京都府の知事にも伝え、具体的な田んぼ(斎田)は、両府県や地元農業団体と相談して決める。平成の大嘗祭では、悠紀地方は秋田県、主基地方は大分県だった。

 ◆大嘗祭=天皇が五穀豊穣(ほうじょう)と国家の安寧を祈る一代一度の儀式。中心儀式の「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」は11月14、15日に皇居・東御苑で行われ、天皇陛下が斎田で収穫された新米などを神にささげ、自らも食される。宗教的な色彩が強いため、国事行為の「即位の礼」とは別に皇室行事として行われる。

無断転載禁止
580302 0 国内 2019/05/13 13:45:00 2019/05/13 13:45:45 2019/05/13 13:45:45 亀卜を行うため皇居・宮中三殿「神殿」の前に設置された「斎舎」に向かう掌典職の職員(2019年5月13日)=宮内庁提供 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190513-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ