野田・小4死亡、母親が起訴事実認める…初公判

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 千葉県野田市で1月、小学4年の栗原心愛みあさん(当時10歳)が自宅で死亡した事件で、傷害ほう助罪に問われた母親の栗原なぎさ被告(32)の初公判が16日、千葉地裁(小池健治裁判長)で開かれ、なぎさ被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。

 起訴状では、なぎさ被告は1月22日夜~24日夜、父親の勇一郎被告(41)(傷害致死罪などで起訴)が心愛さんを暖房のない浴室に立たせ続けたり、シャワーで顔面に冷水を浴びせたりするのを知りながら制止せず、勇一郎被告の指示で食事を与えないなど一連の行為をほう助したとしている。

 心愛さんは24日深夜、浴室で倒れているのを、勇一郎被告の通報で駆けつけた救急隊員に発見されたが、既に死亡していた。

585883 0 国内 2019/05/16 14:23:00 2019/05/16 14:23:00 2019/05/16 14:23:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ