国産バナナたわわ、ミカン農家が本格栽培

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 愛知県美浜町の果樹園「ちたフルーツビレッジ」の温室でバナナがたわわに実り、次々に収穫されている=写真、中根新太郎撮影=。運営する萬秀フルーツの大崎秀樹社長(40)は「ぜひ自分で収穫し、おいしい状態で食べて」と呼びかけている。

 国内で売られているバナナはフィリピンやエクアドル、メキシコなどからの輸入品がほとんどで、国産バナナは数少ない。同社はもともとミカン農家だったが、病害で植え替えることになり、2017年からバナナの本格栽培も始めた。

 美浜町は温暖で日照量が豊富なため、温室でのバナナ栽培に適しているといい、同果樹園では10種類約500本を栽培している。インターネット販売を中心に1キロ1000円で販売しており、収穫体験もできる。

585952 0 国内 2019/05/16 15:00:00 2019/05/16 16:49:54 2019/05/16 16:49:54 たわわに実った国産のバナナ(15日午前、愛知県美浜町の「ちたフルーツビレッジ」で)=中根新太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190516-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ